森 一弘 写真展「水の記憶」
  ■ 森 一弘 写真展 「水の記憶」        2012年8月  しずぎんギャラリー「四季」

 

 

 

 50数キロに渡り、海に流れ下る清流「安倍川」

 その川のせせらぎの片隅に

 旅の途中の一時を過ごすかのように

 大小さまざまな砂粒の群れが現れる。


 次の雨で又流され消えて行くそのつかの間

 さまざまな姿、形を時間の経過とともに表出する。


 それぞれが意思のある生き物であるかのように・・・。

                

               <森 一弘> 

 
 

 



9 8 7
6 5 4
3 2 1