個展 「 祭 」 より  <その1>
個展 「 祭 」   銀座ニコンサロン・大阪ニコンサロン 1975年

 

 カメラは中古で求めた二眼レフを使った。私は一眼レフ全盛の時代に写真をはじめたため、交換レンズの便利さにおぼれすぎていないか、という反省のためだった。この二眼レフは標準レンズしかない。カメラが不便だから、写す物を選び、じっくりと物を見て、モチーフと距離だけで勝負するという、写真を写す原点のようなところで撮影することとなった。このカメラは、祭りの周辺の人物や物を写すのにちょうど良かった。そしてこれをまとめて、「祭」展を催した。

                                                             (木村仲久『花と海の里』「あとがき」から 1984年)

 

 



02 18 17
16 15 14
13 12 11
10 09 08
07 06 05
04 03 01