静岡の民家  木村仲久
2009/12/9 21:38 投稿者: 39kage (記事一覧) [ 2875hit ]
「静岡の民家」  木村仲久

民家は長い年月の間に、代々の人たちが暮らした生活の匂いがしみつき、深く沈殿し発酵していて、それが私の写欲をそそるのです。

 それぞれの家にそれぞれの歴史があり、家の人の話を伺いながら眺めると、家が生き物のように見えてきます。そしてそこにすんでいる人たちも、その家に同化して、その一部になってしまっているように思えてくるのです。

                                    (写真集「静岡の民家」あとがきより)

 

 

1993年12月  静岡新聞社  
1993年12月  静岡新聞社